CDレビュー:風見レン「ナチュらリズム」

お久しぶりのTAMAYANです。

さて、先週誕生日だったこともあり、前から欲しかったCDを買いました。

風見レン「ナチュらリズム」

 

風見レン、あるいは「秦野P」と呼ばれる人をみなさんご存知でしょうか?

秦野Pとは (ハダノピーとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

 

ボカロブームの初期にあたる2007年前後に活動していたボカロPで、

代表曲「ハト」は発表から3日で10万再生を達成。というなかなかビッグな人です。

ただ、活動時期が古いせいか最近の「ボカロ好き」な若者にはイマイチ認知されてなくて寂しい…

 

僕は2007年当時、リアルタイムでハトを聞いて彼のファンになりました。

キャッチーな曲調と、16分のフレーズを多用したどこかエスニックなアレンジなど、

ランキング上位に入ったPの中で数少ない、ぼくがハマれるアーティストでした。

なお、残念なことに彼は2010年に発表した動画の大半を削除しているため、

現在でも聞ける曲は限られています。(詳しくはニコニコ大百科の記事参照)

 

今回買ったCDには、代表曲「ハト」を含む6曲が収録され、

そのうち3曲がニコ動で未発表という貴重なもの。

しかも、これまた僕の好きなHARUNA808氏とのコラボ曲「テラカゾク」まで入っています。

 

さて、ここからレビューです。収録曲に付いてざっくりと感想を。

 

1:ハト

2007年末に一躍ヒットした代表曲。この曲が彼の知名度を一気にあげたと言えるでしょう。

ノアの方舟伝説を下敷きにしたポップでちょっと切ない(?)歌詞と、のどかで楽しい曲調が特徴。

やはりこれを聞かずして風見レンは語れません。

2:はっぱっぱ 

ニコ動未発表曲。なかなか中毒性のある愉快な曲です。

魔法の葉っぱをテーマにした童話的な歌詞がミクの声とマッチしてかわいく仕上がってます。

3:星のタテゴト 

こちらもニコ動未発表。夜空をテーマにしたやや落ち着いたポップナンバー。

きらびやかなハープ(?)の音色が印象的です。

4:RAINBOWロード

現在でもニコ動で聞ける数少ない曲。

静かなピアノパートに始まり、アップテンポなサビやリンちゃんのラップパートなど、

多彩な展開が楽しめます。

5:牧場のおじいちゃん 

ニコ動未発表。収録曲の中で唯一リンちゃんがメインの曲。

アップテンポの明るく楽しい曲です。ベースラインの暴れ具合がすごい。

6:テラカゾク 

ニコ動発表曲。残念ながらオリジナル動画は削除済み。

上記のとおり、haruna808氏との共同制作。ネットスラングをつかった独特の歌詞が特徴。

二人の個性が潰しあうことなく見事に調和した奇跡の一曲です。

自分はどちらのファンでもあるため、どのパートを誰が考えたのか推測しながら楽しむことが出来ました。

 

総評

風見レンの明るい側面を前面に押し出したポップで楽しいアルバム。

ジャケットやブックレットも自主制作らしいゆるさに溢れていて面白いです。

公式動画がほぼ削除されてしまっている今、ファンにとっては貴重なグッズと言えるでしょう。

内容も充実しているので、この世界観が好きな人なら間違いなくハマります。

ミックスとマスタリングも修正されているので、音も良くなっていました。

 

 

ちなみに、風見氏はもう一枚「漣~盤上の風~」というアルバムも出していて、

そちらの方が人気が高いのか、価格も5千円台に…

個人的にはなんとか手に入れたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です