APOLLOでアルバムが売れた話

お久しぶりです。TAMAYAです。

先日「APOLLO」というweb上の同人音楽即売会に出店してきました。

出店したアルバムは下記URLからも購入できます。

「Freneza Fantazio」https://ktamayan.booth.pm/items/170089

「Rock.TAMAYAN」https://ktamayan.booth.pm/items/169478

 

さて、本題に入りましょう。

今回2枚アルバムを出してみた結果「Rock.TAMAYAN」を購入してくださった方が1名おりました。

「1人かよ!」って感じですが、個人的にこれは大きな事件でした。

 

去る8~9月にクラウドファンディングでも上記2枚のCD化のために資金提供者を募りましたが、

基本的にアルバム2枚セットでの販売であり、なおかつ色々おまけもついていたので純粋に「Rock.TAMAYAN」だけが売れたわけではありませんでした。

当アルバムは終末時計のレパートリー+αを僕が一人で演奏したという内容で、今のところ唯一ボーカロイド等のコンテンツに頼らない、純粋に僕一人で制作した作品です。

動画サイトなどでも宣伝はしましたが、まあほとんど再生されず、世間的には認知度も人気もほぼありません。

それが今回初めてイベントで売れたわけです。

 

もしかしたら買ってくれたのは知り合いなのかもしれませんが、イベントの特性上、純粋に試聴で買ってもらえた可能性は高いです。

 

現役で現代アーティストをしているうちの教授に以前言われたことですが、世の中の大抵の人は自分の暮らしに手いっぱいで芸術なんぞにかまけてる余裕はありません。

ましてや知り合いでも何でもないアマチュアの作った音楽にお金を出そうなんて殊勝な人がどれほどいることか。

 

そう考えると今回僕のアルバムが1名とはいえ売れたのはちょっとした事件なわけです。

たかが800円。されど800円。有難い話です。

 

この前もBandcampで海外の方がボカロのアルバムを買ってくれました。

少しずつですが前進を感じます。

 

フリーのアルバムですが来年「チンアナゴLP」なるコンピにも参加する予定になりました。

誘われたわけではなく立候補ではありますが…。

 

というわけで、地道に頑張って進んでいこうと思ったのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です